「絶対可憐チルドレン 第24巻」

そろそろ出る頃だと思っていました。

「絶対可憐チルドレン 第24巻」
 椎名高志著
 小学館刊

フェザーの出自の可能性がなんとなく出てきた感じです。そして未来のビジョンが少し変わってきたとなっています。もしかして変わるのか?

しかしこの手の歴史修正モノを観てみると、どうしても「多世界解釈」という言葉が頭をよぎります。どこかの段階で、元々の世界と新しい世界が枝分かれし、自分はたまたま新しい世界の方にいるんだけども、実は元の世界もどこかに残っていると。

そう考えると、いろいろと考えさせられる展開になりつつありますね。