「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 第23巻」

遂に完結です。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 第23巻」
 安彦良和著
 角川書店刊

いやぁ、良く出来てましたね。さすが安彦良和!と言いたくなる作品でした。「アリオン」、「クルドの星」、「ヴィナス戦記」と、個人的には大好きな作品の多い氏ですが、これもオリジナルの「機動戦士ガンダム」を踏襲しながらも、新解釈の部分があったり、各キャラ、特にシャアやセイラの生い立ちなども明らかになったり。

好きだったエピソードは、やはりマ・クベの撤退戦でしょうか。オリジナルよりもジ・オリジンの方が、彼の描写についてはかっこよかったですね。この辺もジ・オリジンの魅力でしょうか。

アニメ化も予定されているので、こちらも楽しみです。

 

今日の歩数:12,370歩(11月合計:317,516歩)
今日の体重:65
.7kg